logo

導入事例

MENU

CASESTUDY 導入事例

医療

小規模から始めてスケールアップ:歯科矯正ラボでの3Dプリンタの導入について

パーフェクトフィニッシュオルソラボ

2021.02.24 更新

パーフェクトフィニッシュオルソラボは、ホーリーリテーナーや固定および取り外し可能な器具、クリアアライナーなどを専門とするフルサービスの歯科矯正ラボです。
長年にわたり、同社はデジタルワークフローへの投資の最先端にあり、増大する需要に対応するために3Dプリントの大規模なフリートを構築してきました。最近パーフェクトフィニッシュは、生産性と出力を向上させるため、Formlabsプリンタを印刷ラインナップに追加しました。

Phil Pelligra社長と話をして、パーフェクトフィニッシュの成功についての彼の洞察と、なぜ彼らが3Dプリントに投資したのかを聞きました。

デジタルへの旅

パーフェクトフィニッシュは、2010年にPolyJetプリンタを購入したときに3Dプリントを早期に採用しました。
このマシンの学習曲線は急勾配でしたが、1年後、アプライアンスの生産用にモデルを印刷するためにフル稼働で使用していました。このテクノロジーは、彼らの基本的なニーズを満たすことができることが証明されています。

ただし、このプリンタは所有と運用に費用がかかりました。Pelligraは、3Dプリントでも損益分岐点に達した特定のコンポーネントとして、高価なメンテナンスコストや材料、および後処理装置を挙げています。
幸いなことに、彼らはプレミアムアプライアンスで違いを補うことができましたが、プリントをより利用しやすくする他のオプションを模索する必要がありました。

パーフェクトフィニッシュは2016年に最初のForm2を購入し、すぐに高品質とコスト削減の可能性に気づきました。数年間、彼らは2つの印刷システムを並行して実行しました。馬蹄形モデル用のPolyjetプリンタは、体積が小さいため高価な材料の使用量が少なく、最終的には薄型モデル用のForm2のフリートです。

2019年にForm3がリリースされたとき、彼らは生産を完全にFormlabsに切り替えることにしました。
彼らは古いPolyJetシステムでサポート契約を失効させ、さらにForm3を複数台導入しました。2020年後半までに、パーフェクトフィニッシュには8台のデスクトップFormlabsプリンタがありました。
Pelligraによると、プリンタは初日から箱から出してすぐに機能しました。テストプリントを1回行い、すぐに本番環境に移行しました。

信頼性と精度の優先順位付け


Form 3BLビルドプラットフォームの例。
Form 3BLは、横向きのレイアウトで1枚の印刷につき最大24のモデルまたはアプライアンスを印刷でき、縦向きの印刷ごとに最大52のモデルまたはアプライアンスを印刷できます。

Pelligraが新しい3Dプリンタへの投資を検討する場合、信頼性が最も重要な要素です。
ラボが週に数百のアプライアンスを印刷している場合、再印刷や患者の予約の欠落を回避するために、一貫性のある信頼性の高い品質の印刷が必須になります。
「時間を無駄にすることはできません。1週間に700台以上のアプライアンスを作成しており、モデルを転載する時間はありません。常に正確である必要があります。そのため、Formlabsを導入しています。」とPelligraは言います。

信頼性は重要ですが、確実に不正確な3Dプリンタは受け入れられません。
Pelligraのチームは、3Dプリンタが高品質な部品を製造することを確認するための特定のテストを作成しました。週に1回、各マシンにリテーナテストプリントを印刷し、フィットを監視して要件を満たさしているかを確認します。「3Dプリントの小さな不正確さは受け入れません。他のプラットフォームが品質基準を満たしていないため、他の3D印刷プラットフォームから離れ、Formlabsを使用し続けました」ともPelligraは言っています。

スループットのための印刷


「完璧な3Dプリンターはありません。ラボにとって何が重要かを判断する必要があります。」-Pelligra

Pelligraと彼のチームは、Formlabsエコシステムがそれぞれの異なるプリンタモデルで使いやすいことを発見しました。
Pelligraは、次のように述べています。「大判サイズのプリンターを購入した後も、ビジネスの成長に合わせてForm3を追加し続けることを実際に検討しています。今の私たちの最大の問題はオフィスを成長させるための物理的なスペースを見つけることです!」

Pelligraのチームは、1日の終わりに最長のプリントを開始するため、プリンタは夜間に稼働します。最小限の介入で、パーフェクトフィニッシュは1日あたり約90以上のモデルを印刷するためにマシンを使用しています。毎朝、チームはフォームウォッシュで3回の短い洗浄サイクル、次にフォームキュアで1サイクルの短い洗浄サイクルで部品の後処理を開始します。そこから、プリントはアプライアンスを処理するために使用され、次に製品の次のバッチが印刷を開始します。

成長の余地はまだまだある

Pelligraは、時間の経過とともに、より多くの歯科医がデジタルワークフローに移行すると予測しています。「現在、私たちが協力している歯科医の半数がデジタルスキャンを行っています。したがって、ビジネスを成長させ、3Dプリント機能を拡張する余地はたくさんあります。」

歯科および歯科矯正の診療で口腔内スキャンがより一般的になるにつれて、ラボは需要に対応するためにデジタル製造能力を追加する必要があります。
Formlabsの3Dプリンタスイートのような柔軟でモジュール式の生産対応システムは、あらゆる規模のラボの成長を解き放つことができます。



CONTACT 問い合わせ