Form 3B

メディカル向け光造形3Dプリンタ

Form 3Bは、生体適合性材料をプリントできるよう最適化された高度なデスクトップ3Dプリンタです。Formlabsの高い精度と信頼性を誇るエコシステムを活用すれば、歯科を含む医療用製品の試行錯誤プロセスが不要になり、スムーズなワークフローを推進することが可能となります。

ユニークなLow Force Stereolithography(LFS)™テクノロジーによって、造形時にかかる負荷を大幅に削減したことで造形物の品質が従来に比べて向上しています。Form3Bは「デジタルデンティストリー4.0」を支える次世代型光造形3Dプリンタです。


材料紹介


Surgical Guide V1

デンタル用サージカルガイドレジン

クラスIの要件を満たし、ISO10993-1:2018によって評価されたCE認定の生体適合性材料です。高い寸法精度を要求されるインプラント埋入用サージカルガイドの造形用に設計されており、ポストキュアを終えた後オートクレーブによる滅菌が可能です。

※医療機器製造販売届出番号:23B3X10013000014

100ミクロンの高精度積層で出力可能

フルアーチ型サージカルガイドは1回のプリントで最大8個/約4時間で、ハーフアーチ型サージカルガイドは最大29個/約5時間で造形出力することが可能です。


Model Resin

デンタル用モデルレジン

製作する歯科補綴物の品質を左右する作業用模型の製作において、モデルレジンは鮮明なマージンと良好なコンタクトを提供します。着脱可能な支台歯を有する副歯形式模型など、あらゆる歯科模型の造形に対応し、石膏に近い色調を再現しています。

※医療機器製造販売届出番号:23B3X10013000011

デンタル用モデルレジンの用途
  • クラウンおよびブリッジ用作業模型
  • アライナー用作業模型
  • 歯列矯正用作業模型
  • 診断用模型
  • インプラント用作業模型

Castable Wax Resin

デンタル用ワックスレジン

キャスタブルワックスは成分に20%のワックスを含んだ鋳造用材料で、複雑な形状の特徴を正確に捉えます。造形されたパターンはポストキュアを必要とせず、鋳造前の埋没処理に必要な強度を備えています。
単純かつスピーディーに効率的なワークフローを提供します。

※医療機器製造販売届出番号:23B3X10013000012

デンタル用ワックスレジンの適用例
  • 鋳造コーピングと下部構造
  • フルカウンタークラウン
  • パーシャルフレームワーク

Custom Tray Resin

デンタル用カスタムトレイレジン

Custom Tray Resinは、印象トレー製作用として調合された生体適合性素材です。カスタムトレーをプリントすると、印象材を均等に配分でき、より精度の高い印象を取ることが可能になります。Custom Tray Resinを使って印象トレーを製作する際、積層ピッチを200ミクロンに設定することで、高速3Dプリントが可能になるため、作業時間の短縮を実現します。

※医療機器製造販売届出番号:23B3X10013000013

デンタル用カスタムトレイレジンの適用例
  • カスタムトレー(印象トレー)

Low Force Stereolithography(LFS)™は、フレキシブルタンクと直線照射により、高品質な造形を実現します。

■高精度:
プリンター内部に搭載された独自のLight Processing Unit (LPU)は、レンズとミラーを使用して、正確で再現性の高い造形を実現します。

■クリーンスポットレーザー:
高密度レーザーをフィルターに通し、減衰しないレーザースポットを保証します。

■均一な造形精度:
パラボリックミラーによる反射で、レーザーがプラットフォームに垂直に照射され、均一な造形品質が保証されます。

■透明度の向上:
改良されたLFSテクノロジーによる表面精度の向上により、半透明の素材はこれまで以上にクリアーな造形を実現します。


複合センサーを搭載し、プリント異常を速やかに検知、安定した造形をお約束します。

Form 3Bは内蔵センサーによって、良好な造形条件を保ちながら造形を行います。常にマシンの状況を確認している為、トラブルが発生した場合すぐに確認する事ができます。

■クローズドループキャリブレーション:
光学センサーによって造形サイズと負荷を連続して補正しながら造形を行う為、ビルドスペース内の僅かなゴミも逃さず検出します。

■シームレスな材料管理:
材料はシンプルなカートリッジシステムの為、簡単に切り替えが可能です。

■交換可能なコンポーネント:
Light Processing Unit、ローラーホルダ、タッチスクリーンはお客様で交換可能な為、修理配送の手間を削減できます。



Formlabsの造形フロー

1)データの取り込み

造形データの作成は専用ソフトウェアの”Preform”を使用します。STL、またはOBJファイルが使用可能です。

2)積層造形

ネットワーク経由でジョブデータの送信を行います。送信したデータは、本体付属のタッチスクリーンによる簡単な操作で管理・造形を行う事ができます。

3)後処理

Form 3Bのライトタッチサポートはモデルから簡単に引き剥がせるように設計されており、造形後の後処理が簡単に行えます。

洗練されたソフトウェア

Form 3Bには無料で使用できるソフトウェアが付属しています。洗練されたインタフェースで直感的にプリントの準備や管理を行うことができます。

充実した周辺機材で高品質な仕上げを

Form WashとForm Cureは造形物の洗浄と二次硬化をサポートします。適切な後処理を施すことで変形や反りを抑え、安定して高精度な造形を行えます。