あらゆる症例に応じた歯科技工物製作をサポート

データ・デザインが提供する”OpenDental CAD/CAM System”によって、様々な症例に応じた歯科技工物製作を行うことが可能となります。お客様のニーズに応じたシステム/プロセスの組み合わせをご提案させて頂き、導入から運用、運用後のサポートまでご支援いたします。

ジルコニアフレーム

山本貴金属地金様からジルコニア材料をご提供頂き弊社にてRoland DWX-51Dにて加工を行いました。一枚のディスクから30歯以上を削り出すことが可能です。

フルデンチャー

山八歯材工業様からピンクのワックスディスクをご提供頂き、RolandDWX-51Dにて削り出しました。削り出したフレームに人工歯を接着しています。

パーシャルフレーム(PEEK)

ダイセルエボニック様からPEEK材をご提供頂きRolandDWX-51Dにて削り出しました。

パーシャルフレーム(PEEK)

歯科模型を一般工業系3Dプリンターで出力し、ダイセルエボニック様からご提供頂いた白色のPEEK材から歯牙を削り出し接着した事例です。

パーシャルフレーム(WAX削り出し→鋳造)

コアデンタルラボ横浜様からご提供頂いたWAX削り出し→鋳造したパーシャルフレームのサンプルです。

パーシャルフレーム(チタン削り出し)

リック様からご提供頂いたチタンディスクからの直接削り出したパーシャルフレームのサンプルです。加工機はモディアシステムズ社製Exmileを使用しています。